ピルでホルモン分泌を抑制し、妊娠を防ぐ

ピルは、妊娠を防いでくれる避妊薬です。避妊をする方法としては、コンドームを使用する方法や基礎体温を活用する方法などいろいろな手段がありますが、その中でもピルが一番避妊率が優れているといわれます。しかし、その高い効果を発揮させるためには、いくつかの条件が必要です。その条件の一つは、規則正しい内服が必要です。この薬は飲むことによって、排卵をホルモン分泌を抑え、無排卵の状態にします。この無排卵の状態が妊娠をしないような状況を作り出すのです。またこのホルモン分泌を一定にするためには、毎日できるだけ同じ時間に名k服することが大切です。一日でも内服を忘れてしまうと、ホルモン分泌が乱れ、避妊の効果が無くなり、妊娠をしてしまう可能性があるのです。そのために医師から処方を受ける場合に、正しい飲み方と飲む周期の指導を受けることが大切です。この薬を内服している人の中には、薬によって無排卵の状況を長く維持していると、その後薬をやめても妊娠できない体になっているのではないかと心配する人もいます。もともと疾患があり、ピルを内服していた人にはそのような可能性が無いわけではありませんが、規則正しい生理があり、単に避妊のために内服を続けていた人は、ピルを飲むことを停止すると、排卵は正しく来るといわれています。そのために妊娠はしにくい体に変化するのではないかという心配はいらないでしょう。またピルには、子宮がんなどの予防や更年期障害の症状の改善などにもつながる効果があり、副作用よりも、その効果が注目をされています。医学的にも安全性が高く、使用率もどんどん上がっている薬なので、初めてのひとでも安心して飲むことのできる薬の1つといえるでしょう。