ピルの飲み忘れの原因

ピルは人の月経周期に合わせて21日間飲んで7日間休むという28日周期が基本となっています。
この21日の期間中に黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合量が一定で変わらない一相性と、途中で何段階かに分けて配合量が異なるものを服用するという段階型があります。
一相性のものは飲み忘れや飲み間違いが少なくてすむという特徴があります。
段階型では総ホルモン量が少なくてすみ、不正性器出血の発現率が少ないという特徴があります。
ピルには21錠入りと28錠入りがあります。
21錠のものは1つのシートにパックされていて1シートを飲み終われば7日間休むと言うようになっています。
28錠入りのものは7日間の休薬期間の後の飲み忘れを防ぐために工夫されたものとなっています。
ピルの中でも超低用量ピルといわれているヤーズも28錠入りのものです。
副作用が少ないヤーズは大変人気ですし、ヤーズの飲み方も一般的なピルと変わりません。
また28錠のうちの最後の7錠は薬の成分が入っていないので、初めて服用するという人に向いています。
この薬を飲まない期間があるということが飲み忘れの原因となっています。
ピルはその避妊効果を維持するために飲み忘れをしないということが大前提となります。
したがって1日1錠決められた順番に決まった時間に飲むと言うことが大切です。
飲み忘れに万が一気がついたときには、気がついた時点ですぐに飲むようにします。
そしてその日の分も通常通り飲むようにします。
ピルを飲む際には医師の処方箋が必要になります。
しかし避妊を目的とした薬なので、性感染症の防止のためにはコンドームを使用するようにします。
またピルの通販をすることもできます。
この場合婦人科の診察を受けて使用が認められると言うことが必要になります。
しかし利用することで診察費用を節約することができたり病院に行く手間がかからなかったり、いつでもどこでも簡単にオーダーできるという利点があります。

<受精・妊娠を防ぐ>
デソゲストレル